ヒデキさん

​歌う動機が「人が喜ぶから」であって、強烈にフラメンコに感動したからとかでは無かったりするので、時折迷う。ジャンル的な軸が、いまだに持ててない。

‌​西城秀樹さんが亡くなった。
小学4年生までの自分にとっては一番の憧れの人でした。というのも5年生になると一気に洋楽かぶれになったから歌謡曲は聴かなくなったんだけど、秀樹さんて小さい頃から洋楽の人で小3でジェフ・ベックのファンになったんだって。そしてスカウトされるまでドラマーだったのね。歌はたまたまジャズ喫茶のライブで唄ったところを拾われたらしい。

そんな経緯だから、歌手になってからはどんなモチベーションで唄ってたのかな。

ハスキーヴォイスでシャウト。思えば後に好きになったスティーブン・タイラーみたいだったねー。​歌謡界だったけど、やっぱりそういうのやりたかったんだろうね。

​さあ、自分はどうだろう。​
好きだったものをいちいち掘り起こしてみるのもいいのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA