歌詞集「Mirame」

MIRAME

祈りの城、まだ見たことのない
言葉と想い少しずつまじり合って
消えろ夢など 溶けて飛んでった

誰かが唄う 古い詩人の歌
耳に残って 行き先を見失いそう
僕のつぶやき 君のメロディ

Mirame…僕を見つめてよ
Mirame…僕を認めてよ
Mirame…Ay! Mirame.

祈りの城 まだ見つからない
海に沈んだ りんごを探しに行かなければ
子供のように 時間も気にしない

何を話そう なんて決めてない
言葉こぼれて はじめて気がつくんだ
君は太陽 そして僕は月

Mirame…僕を見つめてよ
Mirame…僕を認めてよ
Mirame…Ay! Mirame.

もうなにもいらない もうなにも欲しくはない
闇を束ねて 差し出すから
光集め 数千倍で 照らしてくれ

祈りの城 まだ見つからない
海に沈んだ りんごを探しに行かなければ
子供のように 時間も気にしない

Mirame…僕を見つめてよ
Mirame…僕を認めてよ
Mirame…Ay! Mirame.

「Este Amor」より(King record 2005)

 

10年間、ライブではほぼ毎回唄っている大切な曲。

最初にサビの「ミラミラミラ、ミーラ、ミラメ」っていうのが浮かんできた。
そのあとに「僕を見つめてよ」「僕を認めてよ」ていうのが繋がってきた。

今思えばなんとも辛気くさい言葉だけど、これが出てきた時、唄いながら涙が出てきた。

頭の循環コードができあがって、大まかなメロディーが出来てきた。この頃の作曲ではインチキスペイン語なめちゃくちゃな言葉でメロディを唄ってから、その雰囲気に近い日本語を探す方法をとってた。「祈りの城」なんてそもそも何のことか判らないよね。最初に「Lilo lilo lilo」って唄っていたので、意味よりも音感優先で。

そうそう、残りの歌詞のほとんどはその頃夏によく行ってた、バイクキャンプツーリングのテントの中だったよ。色々言葉遊びをしながら。その状況も面白い。

その頃の作詞のもう一つの方法は、まず一行だけ考えて、次にそこから連想してまた1行、という方法で。結果すごく散文的になるんだけど、全く自由な発想になれるのと、面白い事に読み返してみると、見事に自分の心象を現してる気がした。

ああ、思っても無かったけど自分の奥にはこういう感情があるかも、とか。精神分析医のカルテのような。だから涙が出たりするんかな。

「君は太陽、そして僕が月」っていうのが出てきた時は自分でも驚いた。そしてこれは傑作かもと思った。唄いながらまた涙した。

僕は照らされるばかりでいていいのかっていうネガティブなイメージもあって、好きなフレーズだけど唄う度に胸が締め付けられるような気持ちにもなってた。

今では、夜道を照らす月明かりにもなれると思えば、悪くないな!と思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA