ツアー後記

もう先々週の事になってしまいましたが、久々の大渕博光 with Triánguloのツアーも終わりました。

初日、台風18号の来襲で、クルマ移動の僕らはどうなることかとおもったけど、通行止めになった東名から中央道に切り替えてなんとか無事に大阪へたどり着きました。

大阪 ミスター・ケリーズ
3度目になるケリーズさん。この日はなぜかMCが絶好調だったらしく(Pf奥山・談)、初日ということもあってテンション上がりました。曲も多めにやっちゃった。景気づけの1発て感じで。

倉敷 ペニーレーン
お初です。行ってから知ったけど、B・伊藤が「これまでで最強のを連れて行く」とか宣言してたそうで、そんな期待を裏切る訳にはいかないわけで、どきどきしたけど、皆さんとても喜んでくれました。なんていうか、今回の旅はオープンに音楽を楽しんでくれるお客さんに恵まれてる気がしました。お店のオーナーさんは愛ある厳しさでミュージシャンを見てくれてることが感じられて、気持ちも引き締まりました。

高松 SO NICE
ここもお初。高松はジャズも盛んで、この日も楽器をされてるお客様が多数。そして、オーナーさんも唄うということで1曲、デスペラード歌ってもらったらこれが絶品で。あんなに上手いのにひけらかさないところもまた。激しく刺激を受けました。そうそう、この日は皆既月食だったね。

京都 きらきらひかる
またしてもお初。京都市内でもかなり北の方の、鴨川沿いに在る和食レストラン。1930年代製のコンサートグランドピアノがいい味出してました。新しい出会いもまたあり。自分が唄うことで、というとおこがましいけど、人が繋がっていくのも嬉しいもんです。

四日市 Club Pazzo
最終日。そして来たかった場所。2年以上振りで、お店も広くなってだいぶ様子も変わったとはいえ、ただいま!と言いたくなる場所。名古屋方面で世話になっているフラメンコ舞踊家の高村康子さんにゲスト出演を依頼していたんだけど、選曲が「チルハナウタ」っていう意外さ。和物のバラードをどう踊ってくれるのかなと期待してたら期待以上のものを返してくれました。感謝!
本当は朝まで打ち上がりたかったんだけど、次の日が横濱ジャズプロムナードで朝6時半の出発だったもんだから、残念ながら早めに引き上げました。

たったの五日間だったけど、毎日が違う空気感でライブをし、同じ曲も毎日変化をし、発見をし、素晴らしい音楽にまみれて感動を共にした充実の五日間でした。各地でお世話になった皆さん本当にありがとう。感謝します!LOVE!

One Reply to “ツアー後記”

  1. いつぞやのライブにお邪魔致しました。
    とっても楽しい時間でした〜
    また次回来阪される時を楽しみにしております^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA