歌詞集 「また朝が来る」

どれくらい歩いたかな

気が付くとよくここに来てたね

日が落ちるまでずっと

ただ海を見てた

誰かのせいじゃない

誰も責められない

ただまたあなたのそばに居て

ずっと語り合えたら

二人で見た景色と一緒に

引き潮の遥かかなたへ

あなたを連れてった海に

またいつもの朝が来る

 

おやすみ、また明日

分け隔て無いあの日々に囲まれ

「サヨナラ」って言葉さえ

明日のためにあった

誰かのせいじゃない

誰も責められない

ただまたあなたの笑い顔で

温められたなら

握りしめた海の小石を

少し痩せた頬に当てたら

あなたの暖かい手が

そっと触れた気がした

 

誰かのせいじゃない

誰も責められない

ただまたあなたのそばに居て

ずっと語り合えたら

二人で見た景色と一緒に

引き潮の遥かかなたへ

あなたを連れてった海に

またいつもの朝が来る

 

2011年「UNO Y TRES」より「また朝が来る」 作詞/大渕博光 作曲/伊藤寛康

 

このアルバムの制作が始まったのが2011年の2月頃。書き下ろしの新曲も何曲か入れるということで準備をしていたところで、3.11がやってきた。

作曲という、手で触れられるような具体的な物を産まない行為が、全てが波の彼方に消えてしまったあの災害を目にして、さらに虚しいことに感じて全く筆が進まなくなった。

もう新しいアルバムは出せないかもしれない。出している場合じゃないのかもしれない。出しても意味がない。それよりも、音楽の意味が無くなってしまったんじゃないか、と思うぐらいの気持ちになっていった。今思えば、直接的な被害を受けていないのに何を言っているのかともいえるけど。とにかくその時は無力感で一杯だった。

中にはすぐに、音楽の力で元気を届けようと、乗り込んで行く同業者もいたが、自分はできなかった。その時被災地の方々が必要だったのは、目の前の難局をなんとかすること、食べ物や着る物や力や、お金や。音楽だとは思えなかった。大体音楽の力、ってなんなんだ?と。音楽をやるものの思い上がりではないのかと。

一ヶ月も過ぎ、何も作れなくなって、もはやかなり無理な気持ちになっているところへ、ベースの伊藤が「こんなのが出来た。なぜかあっという間に出来た。」と曲を持ってきてくれた。彼も創作意欲を失いかけて、もがいていたようだが、突然浮かんだメロディだったそうだ。

デモテープを聴いてすぐに「あ。そうか」と急にイメージが湧いて、何も考えずに一気に歌詞を書いた。レクイエムのような歌が出来た。

あの災害で衝撃を受けたのは、暮らしていた景色そのものが全て消え去ってしまったことだ。人生にはその人そのものはもちろん、生きているその場所も含まれて居ると思う。例えば、子供の頃駆けたあの河原。初めてキスをしたベンチ。生きている思い出はもちろん、故人との思い出もその場所へ行けば蘇らせることが出来るはずだった。だけど、その景色そのものが全て無くなってしまうなんて。

それでも生き残った者は明日また目を覚まして、どこかで折り合いを付けていくのだろう。自然の前には為す術も無いが、やっぱり生きていくんだろう。

僕らは想像するしかない。歌を作る物は人一倍、全力で想像するしかない。想像して寄り添うくらいしかない。音楽の力で励まそう、なんて今でも思ってない。音楽の力は、きっと聴く人の側にある。音楽は欲しいときにそっとそこに有ればいいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA