単車話

PicsArt_14066001625445月に車検切れて、7月末にようやく通してきました。ユーザー車検で。250cc以上は2年に一度車検があるので維持費が大変、とよくいうけど、検定は1,700円なので、250cc以下と比べてもその他保険料や重量税も大差ないし、ほとんど維持費変わらないのですよ。あくまでも自分で車検通しに行くって前提だけど、それも検定自体は10分もかからない流れ作業なんで、変な改造や明らかな整備不良が無い限り簡単に通せます。

 

というわけで無事に走り出せることになり、久しぶりに遠くの峠道に行きたくなりました。自分の場合、ツーリングっていうのは観光名所巡りや旨い物目当てではなくて、いい道探しなのです。景色はもちろん、カーブの曲線、アップダウンのリズム、ブラインドコーナーの先の視界。。誰が作ったか知らないが、道って素晴らしい。道は人間の英知であり、自然との境界線であり、そこをほとんど身体をむき出しにして鉄の馬で走る。たまらんです。

走り出したら、なるべく足を地面につきたくないので、前に能登半島一周したときなんかも、その時は金沢から半島全周を回ってその日のうちに横浜の自宅まで、900kmを走ったわけですが、能登の数ある名所も素通り、食事も昼にパンを一つと、夕方によくわからないラーメンを食べただけで後はずっと単車の上に居ました。能登の道すばらしかったんだもん、止まるなんて勿体ないんだよ。

 

というわけで走るときは単独が多いですねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA