7年前に

ライブでマラゲーニャを唄っている動画を発見。

おそらくライブでカンテソロを依頼されるとほとんどこればっかり唄ってきたけど、7年前はさぞ未熟だっただろうと思いながら聴いてみた。

フラメンコとしてのディテールに欠けてはいるけど、気持ちがストレートで鋭いテンションでぐいぐい伝わってくる感じ。

なにしろ伸びと抜けの良い声。

あ、忘れてたけどこれが自分の歌だ、自分の表現だ、と思った。

”フラメンコらしい歌”を考えながらここ数年やってきたわけだけど。

あのころは”らしくない”ことに少しばかり引け目を感じていたけれど。

ひょっとして今のほうが囚われの身になっているのかも。

我ながら軽くショックを受けています。

カテゴリーblog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA